本ページはプロモーションが含まれています。

X(旧ツイッター)を見る方法:アプリやアカウントなしでプロフィールと動画を視聴する方法【X・旧Twitter】

趣味

こんにちは!私はX(旧ツイッター)のユーザーで、14年の経験があります。
プロフィールや動画を見る方法について知りたいですか?初めて試すのでしょうか?
バレずに簡単に見る方法と、スムーズに閲覧する方法は異なりますので、どちらも覚えておくことが大切です!

このページでは、アプリ不要で、アカウントも不要、専用アカウントを使わずに「X(旧ツイッター)のプロフィールと動画を閲覧する方法」を詳しくご紹介します。

 

X・旧Twitterでプロフィールや動画を見るだけでバレる可能性はあるの?

まず初めに、多くの人が気にするであろう問題について明確にしましょう。
それは、「見るだけでバレるのか?」という疑問です。
X(旧ツイッター)を閲覧しているだけで、他のユーザーにバレることはありません。
プロフィールを閲覧しようが、画像や動画を見ようが、相手には通知が送信されません。もちろん、単に検索を行っただけでも足跡が残ることはありません。

他のユーザーに通知が送られるのは、以下の行為に関連しています。

  • いいね
  • リプライ
  • リツイート
  • 公開リストにリスイン
  • フォロー
  • スペースに参加

これらの行動を行わない限り、他のユーザーにバレる心配はありません。
また、リストを非公開に設定している場合、通知も届きません。ちなみに、投稿しない場合でも、アカウントの鍵を設定しているかどうかは関係ありません。

 

アプリを使わずに利用可能?X・旧Twitterアカウント不要・ログイン不要は?

バレる可能性についての理解が深まったところで、もう少し詳細な条件を考えてみましょう。
以下の順序で、「アプリ不要」と「アカウントなし・ログイン不要」のケースについて詳しく説明します。

 アプリ不要での利用について

ますます具体的に、まず「アプリ不要」の場合について考えてみましょう。
通常、X(旧ツイッター)を利用する際には、スマートフォンアプリを使うことが一般的ですね。
しかし、X(旧ツイッター)アプリを使用せずにも、閲覧は可能です。
具体的な方法は非常にシンプルです。言ってしまえば、「ウェブブラウザを使って公式ウェブサイトにアクセスすること」です。

ウェブブラウザ、具体的にはSafariやGoogle Chromeなどを使って、ツイッターの公式ウェブサイトにアクセスし、閲覧する方法です。
これはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末からも行えます。この点は、InstagramやTikTokの閲覧方法と同じです。

 

 アカウントなし・ログインなしでの利用は可能?

アプリ不要に続いて、アカウントなし・ログインなしの場合について考えてみましょう。
つまり、X・旧Twitterのアカウントを持っていないか、ログインしていない状態の場合です。
この場合も、答えは「Yes」です。アカウントなし・ログインなしで、閲覧のみを行うことは可能です。

アカウントの有無に関わらず、X(旧ツイッター)では投稿を閲覧することができます。
ただし、Android版アプリを使用する場合にはログインが必要です。一方、iPhone版アプリやウェブブラウザからは、アカウントなし・ログインなしで閲覧のみを行うことができます。
ただし、スペースやDMなどの機能は使用できない点に留意してください。アカウントを作成してログインしない限り、Facebookとは大きく異なる点です。

 

 

アカウント不要で閲覧可能?おすすめのX(旧ツイッター)閲覧方法【スマホ・PC】

それでは、具体的な閲覧方法を詳しく見ていきましょう。おすすめの方法は以下の2つです。

  • より安全な選択! アカウントなしでブラウザからの閲覧
  • 「見るだけアカウント」の作成

どちらの方法を選ぶかは、「バレる可能性を完全に排除したい」か、「手軽に閲覧したい」かによって異なります。それぞれの方法を詳しくご紹介します。

 

より安全な選択! アカウント不要でブラウザからの閲覧

まず、「アカウントを作成せずにブラウザから閲覧する方法」をご紹介しましょう。
この方法は非常にシンプルです。SafariやGoogle Chromeなどのウェブブラウザを開いて、「〇〇 ツイッター」と検索してみてください。
例えば、「柴犬 ツイッター」と検索すれば、関連するX(旧ツイッター)の投稿を見ることができます。
キーワードの入力方法は自由です。この方法は、設定などの手続きが一切不要で、初心者にもおすすめです。
スマートフォン、パソコン、タブレットなど、どのデバイスからでも利用可能です。

 

「見るだけのアカウント」の作成

毎回検索するのが面倒な場合は、「見るだけのアカウント」を作成することもできます。
これは、他のユーザーの投稿を閲覧するための専用アカウントで、通常のアカウントとは異なり、自分からの投稿は行いません(つまり、「ロム専」とも呼ばれます)。
X(旧ツイッター)では、複数のアカウントを作成し、切り替えて使用することができます。
この方法を活用すれば、本名とは無関係なユーザーネームを使い、閲覧専用アカウントを運用できます。
アカウントを持ってログインしていれば、リストの作成やタイムラインのカスタマイズも可能で、閲覧がかなり便利になります。
この方法は、ツイッターの基本操作に慣れた中級者向けと言えるでしょう。

 

ちなみに、私は異なるジャンルごとにアカウントを分けて使用しています。
日常生活、仕事関連、趣味など、さまざまな情報を整理するために、このようなアカウントの運用方法を活用しています。

 

見るだけのアカウントでバレる可能性はある?X(旧ツイッター)閲覧時の注意事項

おすすめの閲覧方法についてお伝えしましたが、最後に注意すべきポイントに触れてみましょう。
アカウントを持たずに閲覧する場合、いいねやリツイートなどのアクションを起こすことができないため、ほとんどバレる心配はありません。

ただし、閲覧専用のアカウントを作成する場合には、アカウント設定に細心の注意が必要です。なぜなら、知り合いのおすすめユーザーに表示される可能性があるからです。

 

おすすめユーザーは、そのユーザーの過去のアクティビティに基づいて表示されることが一般的です。
しかし、相手がスマートフォンに登録している電話番号やメールアドレスが、あなたのアカウントにも登録されている場合、相手のおすすめユーザーに表示される可能性があります。
そのため、閲覧専用のアカウントを作成する際には、他のアカウントとは異なる「知られていない電話番号やメールアドレス」を使用することをおすすめします。

他のアカウントで使用している電話番号やメールアドレスを登録している場合の対処法はこちら。
まず、自分のアイコン画像をタップしてメニューを表示させます。
次に「設定とプライバシー > プライバシーとセキュリティ > 見つけやすさと連絡先」と進んでください。
そこで、「〇〇の照合と通知を許可する」をオフにすることで、他のユーザーが連絡先を勝手に参照することを防げます。
これにより、プライバシーを守りつつ、見るだけのアカウントを安全に活用できます。

 

【まとめ】

X(旧ツイッター)を見る方法について詳しく解説しました。
プロフィールや動画を閲覧する方法には、アプリ不要でブラウザから閲覧する方法や、アカウントなしでログイン不要の方法があります。
どちらの方法を選ぶかは、自身のニーズやプライバシーへの配慮に応じて決めるべきです。

X(旧ツイッター)を見るだけでバレる心配はほとんどなく、他のユーザーに通知が送信されることはありません。
アプリ不要の閲覧方法は、ウェブブラウザから公式ウェブサイトにアクセスするだけで簡単に実行できます。
一方、アカウントなしでログイン不要な閲覧も可能で、アカウントを持っていないか、ログインしていない状態でも投稿を閲覧できます。

閲覧専用アカウントを作成する場合、他のユーザーにバレないように注意が必要です。
おすすめユーザーに表示される可能性があるため、別の電話番号やメールアドレスを使用することをお勧めします。
プライバシーを守るために、照合と通知の設定を確認し、他のユーザーが連絡先を閲覧できないように設定しましょう。
これにより、安全に見るだけのアカウントを利用できます。プロフィールや動画の閲覧は、自身のニーズに合わせて安全かつ便利に行うことが可能です。