本ページはプロモーションが含まれています。

センスのある人とそうでない人の【5つの顕著な違い】

仕事

「あの人は何をしてもセンスが光っているよね。羨ましい!」
「仕事やファッションに限らず、どうもセンスが感じられない人もいるよね。大変そうだね。」
そんな人々を対象にしたこの記事です。

どの分野にもいますよね、センスのある人とそうでない人。

  • アート
  • ファッション
  • ビジネス
  • 会話スキル
  • 文章力

これらの分野で「本当に感覚が鋭い」「いつもスタイリッシュで素敵」と言われる人と、「何がいけないのかはっきりしないけど、なんとなくパッとしない…」と思われる人は、はっきりと分かれています。

この記事では、以下の点に焦点を当てています。

  • センスのある人
  • センスのない人

の、明確な違いを解説します。「もっとセンスを磨きたい!」と考えている方に役立つ情報を提供します。

ちなみに私自身は…
快適な環境で仕事をする際、数字や文章、アイデアで「センスがある」と評価されることがあります。しかし、ファッションや音楽、絵画などについては、環境に左右されず、「センスがない」と自分で思っています(笑)。

 

違いその1:センスのある人は質の高いものに触れ続け、センスのない人は質の低いものに囲まれる傾向に

センスのある人

質の高いものに常に触れていると、良いものとそうでないものの区別がすぐにつくようになります。
センスのある人は、自分の好みを洗練させることをいとわないでしょう。
質の良いものを数多く見た後に、質の劣るものを見ると、「何かが違う」と直感で感じます。この感じる「違和感」こそが、センスを磨く上での重要な要素です。

センスのない人

日頃から何に囲まれているか、深く考えることは少ないかもしれません。
センスのない人は、良質なものと質の低いものの違いをあまり感じ取らない傾向があります。
情報があふれる現代では、無意識に質の低い情報を受け入れてしまうことが多く、その結果、センスを磨くのが難しくなります。

 

センスを磨きたいと思う分野があるなら、その分野の質の高い製品や作品に日々触れることが、センスを磨く一つの方法です。
質の高いものに触れることで、自然と自分のセンスも磨かれ、洗練された見識を持つことができるようになるでしょう。

 

違いその2:センスのある人は豊富な経験を積むが、センスのない人は早々に挫折する傾向にある

センスのある人

「実は、試行錯誤を重ねながらセンスを磨いていくんです」と、センスのある人は、そのセンスを磨くために必要な経験を多く積んでいます。
彼らの「直観」や「洞察力」が鍛えられるまでには、数多くの失敗を重ねています。
好奇心が強く、原因を探求しようとする意志、耐久性、論理的な思考力、そして積極的な行動を通して、彼らは自分のセンスを磨いているのです。
彼らにとってそれは努力ではないかもしれませんが、その努力がセンスを形成しています。

 

センスのない人

「どうせ、私には理解できないから…」と考えるセンスのない人は、センスが生まれつきのものだと考えがちです。

・自分にはセンスがないから仕方がない
・センスのないのは自分の責任ではない
・センスのある人は恵まれている

このように考えるが故に、彼らはすぐに諦めがちです。センスの背後にある努力を理解しようとはしません。

センスを深く理解するためには、一定の経験が不可欠です。わずか3分でセンスを掴む天才は、センスのある人の中でも非常に稀です。
実際には、センスを磨く過程には時間と努力が必要なのです。

 

誰もが最初から完璧なセンスを持っているわけではなく、失敗を重ね、そこから学び取ることが、センスを高める重要なステップとなります。
センスのある人は、このプロセスを通じて、自分のセンスを磨き上げているのです。

 

違いその3:センスのある人は快適な環境を選び、センスのない人はストレスを溜め込む

センスのある人

「自分らしくセンスを発揮するには、心地よい場所が必要ですよね」
センスのある人は、快適な環境がいかに大切かを知っています。自分を自由に表現できる場所や、心理的な安心感が得られる人間関係が重要です。
これは、たとえ変わったことを言っても受け入れられるような環境を意味します。
基本的な質問をしても、新しいアイデアを提案しても、間違いを認めても、否定されることのない安心感を持つ関係性が不可欠です。
このような環境がなければ、センスを十分に発揮することは難しいでしょう。

例えば私の場合、自分のアイデアに自信が持てないことが多いですが、「センスがいい」と評されるのは、安心して発言できる環境でだけです。
失敗を恐れずにアイデアを出し、その中で良いものだけが評価される場所でのみ、センスが認められるのです。

センスのない人

「何か思いついても、なかなか口に出せないんだよね…」と、センスのない人は、自分が置かれている環境に対して無頓着です。
自由に意見を述べたり、アイデアを提案したり、率直な感想を言ったりする環境を持たず、孤独感やストレスを抱え込んでしまいます。
センスを磨くには、自分の考えを表現し、それに対するフィードバックを得ることが不可欠です。

例えば、ファッションやビジネスアイディア、イラスト、文章などにおいて、ただ目立たないことを目指しているだけでは、センスを磨くことは困難です。

 

センスを身につけるための第一歩は、自分が安心して意見を言える、心理的安全性の高い環境を見つけることから始まります。
自分のアイディアや感想を表現できる場があれば、そこでの経験がセンスを磨く大きな手助けとなるでしょう。

 

違いその4:センスのある人は感覚を研ぎ澄ますが、センスのない人は知識の蓄積に留まる

センスのある人

「知識だけではちょっと物足りないんですよね」
センスのある人は、知識だけでは不十分だということを理解しています。
センスは天賦の才能だけでなく、多くの知識と経験を積み上げ、深化させ、練り上げていくものです。
これにより、直観的な判断力が生まれ、他人から見れば神秘的なセンスのように見えることもあります。
しかしこれには、単に知識を蓄積する以上の努力が必要です。

センスが羨まれるのは、簡単に手に入るものではないからです。
知識と経験を積み上げる一つの方法は読書です。他人の経験を吸収するのに読書ほど効果的な方法はありませんが、自身の失敗から学ぶことも大切です。
多くの本を読み、その内容を深く理解し、自分のものにすることでセンスを磨くことができます。
しかし、これは単なる「情報収集」ではなく、本の世界に深く没入し、何百冊、何千冊もの本を読むことを要求します。近道はありません。

センスのない人

「とにかく、知識をつけなくちゃ」と思うセンスのない人は、すぐに手の届く知識を集める傾向があります。
100の知識を得たとしても、「これでレベルアップ!」と思っても、実際にはなかなか成果が得られずに挫折することが多いです。
実は、センスを磨くためには、1万個もの知識を吸収し、それを自分の中でじっくりと煮込み、深化させることが必要になります。
即効性を求める人は、最終的には何も得られないことが多いです。

 

センスを磨くためには、知識をただ集めるだけでなく、深く理解し、自分なりに消化して、経験と結び付けることが求められます。
情報をただ集めるだけでは、真のセンスは身につけられません。センスのある人は、知識と経験の積み重ねによって、それを自分のものにし、自分独自のセンスを磨いているのです。

 

違いその5:センスのある人は自分で選択し、センスのない人は他人に影響されやすい

センスのある人

「自分でセンスを発揮できる分野を見つけることが重要ですよね」。
センスのある人には決断力があり、自分の意志で何かを選択し、他を諦める能力を持っています。
センスを磨くには、特定の分野に集中し、他のことは後回しにすることが多いです。
自分のセンスを十分に表現するためには、「これが最適」と確信できる選択をします。
センスのある人は自分の基準を持ち、その基準に従いながら物事を選び、捨てることができます。

直感的に後悔のない選択ができるようになることは、高いレベルのセンスを持つ証拠かもしれません。

 

センスのない人

「最近の流行に乗っかってみようかな」と考えるセンスのない人は、自分で決断を下す基準を持ちにくいです。
自分自身を深く理解せず、自分に合うかどうかの判断も難しく、どの分野で才能を発揮できるのかも見極められないため、他人の意見や流行、メディアの言葉に流されがちです。
初めはうまくいかなくても、自分の意志で物事を選び、失敗を経験することが、センスを育てる過程です。
自分で意思決定をし、その結果を受け入れることが、センスを磨く上で非常に重要です。

 

自分の選択に自信を持ち、それに対して責任を持つことが、センスを身に着けるための重要な一歩となるでしょう。
自分自身の選択を信じ、それに基づいて行動することが、センスを磨くための鍵となります。

 

まとめ:センスのある人とセンスのない人の違い

センスのある人には、次のような特徴があります

・質の高いものに触れ続ける
・豊富な経験を積む
・快適な環境を選ぶ
・感覚を研ぎ澄ます
・自分で意思決定を行う

これに対して、センスのない人は以下のような特徴が見られます

・質の低いものばかりを受け入れる
・すぐに諦める
・ストレスを溜め込む
・知識をただ蓄積するだけ
・他人の意見や流行に流される

要するに、センスのない人はセンスを身に付ける道を選んでいないということです。

センスを身に付けるには、特定の分野で多くの努力が必要です。
知識や経験が豊富であること、そして時間と労力を投じることが求められます。
ですから、特定の分野でセンスを磨かないという選択も、それはそれで人生において全く問題ないのです。
ただ、その際にはセンスがないことを言い訳にせず、落胆することなく、センスがある人に対しては羨望ではなく尊敬の念を持つことが大切です。

誰しもが何かの分野でセンスを磨く可能性を持っています。
自分にとって重要な分野で「センスのある人」になるためには、一歩ずつ努力を重ねていくことが重要です。
センスを磨く旅はすぐに結果が出るものではありませんが、自分にとって価値のある分野で成長し、センスを発揮できるようになれば、それは大きな達成感と満足感をもたらします。
センスは生まれ持った才能だけでなく、努力と献身によって磨かれるものです。

自分の能力と可能性を信じて、一歩ずつ前進していくことが、センスを磨くための鍵となるのです。